東京湾岸エリアを形成する江東区を紹介。

    江東区は、荒川と隅田川の間に位置する、東京湾に面した区です。東京湾だけでなく、運河も多いことから、水彩都市とも呼ばれます。江東区はもともと埋立地で、その歴史は江戸時代までさかのぼります。この辺りは、かつては住宅地というより工業地帯としての側面が強かったですが、近年は再開発が急速に進み、東京都の中でも最も移り変わりが激しい区とも言えます。

    お台場、豊洲など、注目スポットも数多く抱えています。お台場は観光スポットとして、人気があり、外国人観光客も多く足を運びます。お台場パレットタウン、ジョイポリスなど、商業施設やエンターテインメント施設はもちろん、あのフジテレビもここお台場にあります。豊洲は2020年の東京オリンピックの関連施設や築地移転問題で騒がしい豊洲市場など、とにかく話題には事欠かさないエリアです。ららぽーと豊洲といった大規模な商業施設のほかに、近年は高級タワーマンションも多く建設され、街の様相は一変しました。東京オリンピックが終わった後も関連施設は活用される予定なので、注目度はますます高くなるかと思います。

    江東区は、また交通アクセスが優れていることでも有名です。区内にはゆりかもめ、東京臨海高速鉄道、東武亀戸線、有楽町線、東西線、半蔵門線、大江戸線、都営新宿線、京葉線、総武線など主要路線が多く通っています。区内に在住でも、簡単に都心にアクセスすることが出来ます。

    さらに亀戸天神や富岡八幡宮に代表される神社仏閣が多いのも特徴です。いずれも歴史が深く、祭りも頻繁に開催されているので伝統を感じやすい土地柄です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です