東京湾岸エリアを形成する港区を紹介。

    港区は、東京23区内でも都心部を形成する区です。企業の本社も多く、海外企業の日本拠点も置かれているため、ある意味では日本の中枢と言える存在です。赤坂・麻布・青山・六本木となどの人気も知名度も高いエリアや、再開発も盛んな虎ノ門や赤坂、紀尾井町、六本木も存在。オフィスだけでなく、商業施設も多いので、サラリーマンから一般客まで幅広い層の人が訪れ、賑わっています。

    赤坂・虎ノ門エリアはオフィスビルが立ち並ぶ、港区内のビジネスの中心です。

    紀尾井町は旧赤坂プリンスホテル跡地に建てられた東京ガーデンテラス紀尾井町がり、六本木エリアは、六本木ヒルズや東京ミッドタウンといったオフィス兼巨大商業施設もあります。

    青山エリアは、渋谷にもほど近く、ファッションやエンターテインメントが盛んです。

    麻布エリアは丁度、六本木ヒルズの裏手に位置しており、どこか普通の商店街とは、ハイソな雰囲気が漂う、麻布十番商店街がある高級住宅街です。

    また、港区は東京23区内の中でも比較的緑が多いです。有栖川公園、芝公園、旧芝離宮庭園など規模も大きい公園もあります。また、交通アクセスは言うまでもなく、優れています。東京メトロなどの主要路線はほとんど通っています。

    商業エリアやオフィスエリアとして有名な港区ですが、麻布エリアなどの住宅エリアも比較的多いです。都心に位置し、さらに自然豊かなせいか、家賃相場は東京23区内でも比較的高額な部類に入ります。もちろん湾岸エリアの中では、一番高額な区と言えます。ブランドマンションやタワーマンションなども多く、施設などが充実したグレードの高いマンションが揃っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です